2019年02月15日

身体拘束解除に向けた取り組みを紹介❣️

ふみなさん、こんにちは
「ナースっくる」って知ってますか❓
手稲区、西区、石狩地区の看護関係者が地域連携強化の目的で設立した会で、地域の看護の質向上に向けた取り組みを行っています『ナースがくるっと手を繋ぐ』って意味なんですって
そこで、当院札幌西円山病院から3名、身体拘束解除に向けた取り組みについてプレゼンしてきました
8622C0B8-3E9F-49C9-8999-13C17E8BB4D2.jpg
今、看護雑誌や研修会など何かと話題になっている身体拘束
本当にやむを得ない行為なのでしょうか❓
皆さんはどう考えますか❓
当院にもそのような患者さんが送られてきます。色んな感情を抱きながら、どう目の前の大切な命と向き合うのか、実際取り組んだ事例をもとに聴講者にプレゼンしてきました。
12D521CD-C756-47EB-8E57-02086D737CC8.jpg老人看護専門看護師

103305BC-6409-4B7A-9F60-9E4D0CDAC0AD.jpg
回復期リハビリテーション病棟師長

2693F40C-16F6-4803-AD76-4A851A894FAA.jpg
認知症看護認定看護師&介護医療院師長

プレゼン後、会場の方からこんな声がありました.「心に響いた」「人が人を縛る行為を絶対にしてはいけない」「諦めていた患者さんが退院したことに驚いた」このプレゼンが1人でも多くの認知症高齢者の尊厳を守ることに繋がればと思ってます
CNS  Ⓜ️より

posted by 看護部 at 14:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする